当ページのリンクには広告が含まれています。

【実は曖昧】野球のハーフスイング判定基準を知っていますか?塁審に確認する方法も解説!

ハーフスイング判定

この記事で解決できる悩みや疑問

  • ハーフスイングの判定基準がわからない
  • 塁審に確認するのはキャッチャー以外でもできるの?

先日、プロ野球を観ていてふと思いました。ハーフスイングの塁審への確認はキャッチャー以外もできるのだろうかと

そもそも、なぜハーフスイングの判定は塁審がするのでしょうか?

そこで、この記事ではハーフスイングの判定基準と塁審に確認する方法を解説していきます!

この記事の内容

  • ハーフスイングとは
  • ハーフスイングの判定基準
  • 塁審への確認方法
  • ハーフスイングのリクエスト

この記事を読むと、ハーフスイングの判定基準と塁審への確認方法がわかりま

では、解説していきます

ハーフスイングとは

ハーフスイングとはバッターがバットを途中まで振って止めた状態です

ストライクゾーンの見極めは難しく、振り出したバットを途中で止めることはよくあります

バットを途中で止めた場合、スイングしたのかどうかが曖昧になります

そこで、審判がそのハーフスイングがスイングなのかどうかの判定をします

ハーフスイングの判定基準

審判に判定する基準があるかというと、判定基準はありません

ルールブックには、ハーフスイングの判定基準は何も書いてありません

そのため、審判がスイングしたと思えばスイングでストライク、していないと思えばボールというのが現状です

明確に決まった、判断基準はありませんが、審判は「打者がスイング動作に入ったかどうか」で決めています

よく言われるスイングの目安は下記の3つです

スイングの目安

  • グリップよりもヘッドが前にでている
  • バッターの手首が返っている
  • ファールラインからバットがでたか

打者がスイング動作に入っていれば、バットの先(ヘッド)がグリップよりも前にでるはずだということです

打者がスイング動作に入ったかどうかは、ストライクゾーンの判定をしている主審に見ることは難しいです

そこで、打者が振ったかどうかの最終的な判断は塁審に委ねられています

塁審への確認方法

主審がストライク(スイング)と判定しなかった時、キャッチャーか監督が塁審の判断を仰ぐよう主審に要求することができます

実際に要求している動画を見てみましょう

この塁審への確認にもルールがあります

塁審への確認は、主審がストライクと判定しなかった場合のみできます

主審がストライクと判定した場合、バッターは塁審への確認要求はできません

ハーフスイングで、バッターが主審に猛抗議するシーンを見かけたことありますよね

バッターは納得がいかなくても、塁審に確認することができないため、猛抗議が発生するのです

そもそも、主審が正確な判断ができないために、塁審に判断を委ねているにも関わらず、主審がストライクと判定した際の塁審への確認ができないのは、非常に不可解ですね

ハーフスイングの際、球審がストライクと宣告しなかったときだけ、監督または捕手は、振ったか否かについて、塁審のアドバイスを受けるよう球審に要請することができる。球審は、このような要請があれば、塁審にその裁定を一任しなければならない。
塁審は、球審からのリクエストがあれば、ただちに裁定を下す。このようにして下された塁審の裁定は最終のものである。

公認野球規則

塁審に確認する場合、右バッターの場合は一塁審に確認、左バッターの場合は三塁審に確認をします

ハーフスイングのリクエスト

ハーフスイングの判定に対して、異議がある場合にはリクエストを要求したいところですよね

しかし、現在、ハーフスイングに対する異議のリクエストは認められていません

リクエストはどんなプレーに対しても要求できるわけではなく、リクエスト可能なプレーは限られています

リクエストできるできないプレー

  • リクエストできるプレー
    • 本塁打
    • ファールボール
    • アウト、セーフ
  • リクエストできないプレー
    • ストライク、ボール
    • ハーフスイング
    • ボーク

リクエストの対象になるのは「事実」を確認できるものです

本塁打かどうかや、アウトセーフに関してはビデオ判定を見ることで「事実」を確認できます

しかし、ハーフスイングのようにそもそも定義が決まっていないものは、「事実」の確認をしても決めることができません

審判団の「判断」の質を上げていくしかありません

まとめ

今回の記事では、ハーフスイングの判定基準と塁審への確認方法を解説しました

バッティングに役立つこちらの記事もどうぞ

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • バッターがバットを途中で止めた場合、スイングしたかどうかは主審が判断する
  • スイングしていない判定の場合、キャッチャーか監督が塁審に判断を仰ぐよう、主審に要求できる
  • スイングした判定の場合、バッターは塁審への確認を要求できない

ルールを正しく理解して、野球を楽しみましょう!

2024プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2024最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら