当ページのリンクには広告が含まれています。

【スッキリ】野球の同時はセーフ?アウト?同時セーフについて解説!

野球同時セーフ

この記事で解決できる悩みや疑問

  • ランナーと送球の到着(または接触)が同時だった場合セーフかアウトか知りたい

プロ野球でもアウトセーフの判定で、揉めることがありますよね。その場合は、スロー映像で確認します

しかし、スロー映像で確認しても、全く同時にしか見えない場合は、どうなるのでしょう?

そこで、この記事では野球の同時はセーフなのか、アウトなのかを理由とともに解説していきます!

この記事の内容

  • ランナーと送球の到着(または接触)が同時だった場合の判定
  • リクエストした場合どうなるか
  • 同時セーフの有名な話

この記事を読むと、ランナーと送球の到着(または接触)が同時だった場合の判定を理由とともに理解できます

では、解説していきます

ランナーと送球の到着(または接触)が同時だった場合の判定

ランナーのベースへの到着と、ボール(又はランナーへの接触)が同時だった場合は、セーフになります

そもそも野球には、同時という判定はありません

どういうことでしょう?

野球の規則書には同時だった場合、アウトなのかセーフなのかの記載はどこにもありません

昔(昭和30年代)の規則書には、同時はセーフと記載があったようですが、今はありません

規則書に書かれているのは、アウトの規定だけです

そのため、アウトの規定に当てはまらないものは、全てセーフと解釈されます

アウトの規定

打者がフェアボールを打った後、打者走者として一塁に達する前に、その身体または一塁に触塁された場合

打者が一塁ベースを踏む「前」に、守備が一塁を踏むか、打者に触った場合はアウトということです

「同時」だった場合は、アウトではないため、結果、セーフという解釈になります

この解釈が、同時だった場合はセーフという言葉になって、広まったのでしょう

「同時」を判別する際に、打者が一塁ベースを踏むタイミングは見解がずれませんが、守備がボールをとる瞬間は間違いやすいです

ミットにボールが入った瞬間は「捕球」ではなく、ボールを掴む瞬間が「捕球」となります

ボールがミットに入って、ミットが閉じたタイミングが捕球となるのです

詳しくは完全捕球を説明したこちらの記事をご覧ください

完全捕球
【曖昧】完全捕球を知っていますか?完全捕球の定義やリクエストできるかどうか、落球との違いもわかりやすく解説!

続きを見る

ちなみにソフトボールの場合は、同時はセーフと明確に記載があります

ソフトボールルール

打者走者がアウトになる場合
(注2)野手が球を確補して一塁を踏むのと、打者走者の触類が同時の時は「セーフ」である

野球とソフトボールの違いは、こちらの記事で解説しています

野球とソフトボールの違い
【意外と知らない】野球とソフトボールの違いを「ルール」「グラウンド」「用具」の観点で解説!

続きを見る

リクエストした場合どうなるか

際どいプレーの場合、リクエスト制度を使うことがありますよね

この場合、審判はどのように確認するのでしょうか?

リクエストで確認するのは、「ジャッジに誤りがないか」です

そのため、明らかにジャッジが誤りだ、という証拠がない場合は、最初のジャッジが正しいものとして扱われます

例えば、同時着でセーフ判定に対して、リクエストをした場合

打者がベースを踏む「前」に、守備が塁を踏むか触ってないかを改めて確認します

確認した結果、明らかにアウトである証拠がない限り、セーフ判定のままになるということです

同時セーフの有名な話

同時セーフで有名な審判がいます

二出川延明さんという、昭和30年代に活躍されたプロ野球審判です

塁上の判定がセーフとなり、当時西武の三原監督が不服を述べた際、球審は「同時だからセーフ」と説明をしました

三原監督は「同時はアウトだろう」と抗議したそうです

これに球審が対応しないと、三原監督は審判室に行きました

そこにいた二出川審判に「ルールブックを見せてくれ」と言いますが、二出川審判は「必要ない、俺がルールブックだ」と一蹴したと言われています

最後は審判が絶対であることを象徴したエピソードです

まとめ

今回の記事では、野球の同時セーフを解説しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • ランナーのベースへの到着とボール(又はランナーへの接触)が同時だった場合は、セーフになる
  • 規則書にはアウトの規定しか書かれていないので、アウトの規定に当てはまらないものは全てセーフとなる
  • 規約に基づき、最後は審判が判定をする

野球のルールを知って、もっと、野球を楽しみましょう!

スパイクとボールについての記事もどうぞ

プロ野球をお得に観るためにこちらの記事もどうぞ

2024プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2024最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら