当ページのリンクには広告が含まれています。

【激レアカードはどれだ】プロ野球チップスカード買取価格表!お勧めの買取業者や売り方も紹介!

プロ野球チップスカード買取

この記事で解決できる悩みや疑問

  • プロ野球チップスカードを売るといくらで買い取ってくれるの?
  • プロ野球チップスカードはどこで売るといいの
  • 最も価値の高いプロ野球チップスカードはどれ?

プロ野球チップス大好きのほくとです

毎年、発売されるとプロ野球チップスを箱買いしているので、家にカードが山のようにあります

そこで、この記事では、プロ野球チップスカードを売るといくらで買い取ってくれるのか、どこで売ると良いのかを紹介します

【2024年プロ野球チップス第一弾】最も価値の高いレアカードとお勧めの買い方も紹介しています

この記事の内容

  • プロ野球カードの種類とプロ野球チップスカードの価値
  • プロ野球チップスカード買取価格表
  • プロ野球チップスカードを売る方法

この記事を読むと、プロ野球チップスカードの買取価格のイメージがつくようになります

では、解説していきます

プロ野球カードの種類とプロ野球チップスカードの価値

現在、日本では4つの会社がプロ野球カードを発売しています

会社名カード特徴対象コメント
カルビープロ野球チップスカード安価で買いやすい初心者直筆サイン入りなく、カード収集家には人気薄
ベースボールマガジン社BBMカード日本のカード収集家に人気中級者直筆サイン入りカードは高値
エポック社プロ野球カード直筆サイン当たりやすいが、高い中級者BBMカードより安く取引
topps社toppsカード海外でメジャーなカード上級者直筆日本人メジャーリーガー当たれば価値高い

最も身近なのは「プロ野球チップス」ですよね

ただ、残念なことにプロ野球チップスカードの価値は4社の中でとても低いです

野球カードの価値は「直筆サイン入りカード」「カード流通量が少ないこと(枚数限定)」「ルーキ時代のカード」によって決まります

例えば、大谷翔平選手の2018年メジャールーキー時代の限定直筆サイン入りカードは、かなり高額で取引がされています

ルーキ時代の25枚限定直筆サインカードは、オークションにて50万円で即決されています

プロ野球チップスカードには「直筆サイン入りカード」がありません

封入されているカードの中で、当たりカードは箔押し(プリント)のサイン入りカードです

そのため、プロ野球チップスカードは価格が高騰しずらいといえます

プロ野球チップスカード買取価格表

では、プロ野球チップスカードを買取にだすといくらで買い取ってくれるのでしょうか?

プロ野球チップスカードはレギュラーカードやチェックリストカードやスターカード(キラキラ)の種類があり、スターカードには時々、特別な箔押しサインが印刷されています

カード種類イメージ説明箔押しサイン入りカード
レギュラーカード各チームの主力選手のカード
チェックリストカード裏面にカード一覧の記載があるカード
表面には今シーズンの印象的なシーンを掲載
スターカード各チームの人気選手を
キラカードにしたカード

結論としては、「一部の選手の箔押しサインカード」と「一部の昔に発売されたレギュラーカード」以外は買い取ってもらえません

こちらが、買取価格表です(私がリサーチして作ったものなので、実際の買取価格ではありません。また、流通量や店舗によって買取価格は変動しますのでご注意ください)

カード買取価格理由
通常のレギュラーカード0円
サインなしスターカード0円
1973年〜1974年のカード5,000円~25,000円前後プロ野球チップス発売年度のため価値が高い。保存状態がよく、人気選手(長嶋茂雄選手など)の場合は高額買取
1978年のカード5,000円~15,000円前後1978年のカードは裏面にカード通し番号が記載されておらず、収集が難しいとされ、高額で買取されることがあります
大谷翔平ルーキーカード3,000円〜100,000円大谷選手がルーキ時代の2013年箔押しサインカードです。買取専門業社より、オークションやメルカリで高額でやりとりされています
山本由伸ルーキーカード500円〜2,000円山本由伸選手のルーキ時代の箔押しサインカードです
佐々木朗希ルーキーカード500円〜2,000円佐々木朗希選手のルーキ時代の箔押しサインカードです

最も高額で買取されているのは、大谷翔平選手ルーキーカードでした

大谷翔平選手はNPBルーキーの2013年カードとMLBルーキーの2018年カードが共に価値が上がっています

一方、それ以外の選手はほとんど価値がなく、1973年〜1974年や1978年のカードは価格が上がっているようです

以前、買取専門店MINTに行った際、店内で一番高いカードを聞くと「BBM直筆サイン入りカードの佐々木朗希選手」で30万円でした

やはり、直筆サインがあるかないかは、かなり大きくカードの価値にあらわれるんだなと感じますね

買取専門店MINT訪問記はこちらに書いてありますので、ご興味がある方はご覧ください

プロ野球チップスカードを売る方法

プロ野球チップスカードを売りたいと思った時、方法は2つです

プロ野球チップスカードを売る方法

  • 買取専門業社で売る
  • オークションやメルカリで売る

通常のスターカードの箔押しサイン入りを売ろうとしている場合は、オークションやメルカリがお勧めです

ほとんどの買取専門業社では、買い取ってくれないからです

オークションやメルカリであれば、特定の選手のコアなファンがいて、一定の価格で買い取ってくれる可能性があります

一方、1973年〜1974年や1978年のカードや大谷翔平選手や有名選手のカードを持っている場合には、買取専門業社に持って行くといいでしょう

買取専門業社のお勧めは、MINT【駿河屋】です

両方とも大手のカードショップです

MINTは日本最大級のトレカ専門店で、全国に22店舗もありますが、野球カードのみを扱っている専門店が、東京都池袋にあるのです

もし、関東圏内に住まわれているならば、一度足を運んでみる価値はあります

初めて、MINTに行った体験記はこちらで紹介しています

【駿河屋】は、リユース業界の大手企業です。全国に121店舗もありますし、オンラインでも買取をしてくれています

まとめ

今回の記事では、プロ野球チップスカードを売るといくらで買い取ってくれるのか、どこで売ると良いのかを紹介しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • プロ野球チップスカードは「直筆サイン入りカード」がないので、他の野球カードより価値が低い
  • 「一部の選手の箔押しサインカード」と「一部の昔に発売されたレギュラーカード」以外は買い取ってもらえない
  • スターカードの箔押しサイン入りカードを売るなら、オークションやメルカリ。有名選手や過去のカードを売るなら、MINTか駿河屋

野球カードを集めてみませんか?

まずは、気になるカードを1つ買ってみて、野球カード生活を始めてみましょう!

2024プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2024最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら