当ページのリンクには広告が含まれています。

【明暗くっきり!】2022年現役ドラフトの目玉選手の結果は?勝ち組になれたのは誰だ

2022年現役ドラフト目玉選手の結果

この記事で解決できる悩みや疑問

  • 現役ドラフトとは何か知りたい
  • 現役ドラフトで移籍した選手の結果を知りたい

2022年にNPB初の試みとして「現役ドラフト」が実施されました

各球団1名ずつの移籍が実現しました

そこで、この記事では現役ドラフトの仕組みと、実際に目玉選手は活躍できているのかを詳しく解説していきます!

この記事の内容

  • 現役ドラフトとは
  • 現役ドラフトの仕組み
  • 2022年現役ドラフトの結果
  • 2023年に現役ドラフト選手は活躍できているのか

この記事を読むと、現役ドラフトの仕組みと、移籍した選手が実際に活躍できているかがわかります

では、解説していきます

現役ドラフトとは

現役ドラフトとは、出場機会に恵まれない中堅選手の活性化を狙いとして、他チーム所属の現役選手を指名して獲得できる制度です

つまりは、埋もれている人材の活性化です

参考にしたのはMLBが導入している「ルール・ファイブ・ドラフト」という制度です

MLBではメジャー契約を得られるのは、各チーム40名のルールになっています

しかし、選手層の厚い球団だと40名に入れなかった選手にも、メジャーで活躍できる選手がいる可能性があります

そういった選手を救うために、マイナー選手を限定、指名した場合にはメジャー契約を絶対で、指名することができる制度です

この制度により、過去MLBではサイ・ヤング賞投手やMVP選手が登場しています

こういったMLBの実績から、NPBの選手会が2018年に導入を希望し、議論の上、日本ならではのルールで2022年に実施されることになりました

現役ドラフトの仕組み

現役ドラフトは非常に面白い仕組みになっています

現役ドラフトの仕組み

  • 事前指名と本指名がある
  • 事前指名は、本指名で1番目に指名する球団を選ぶための選挙
  • 事前指名
    • 各球団が、来年度契約保留選手の名簿を提出(2名以上)
    • 全球団のリストを見て、獲得したい選手を1名づつ投票
    • 最も多くの票を得られた球団が、1番目に指名する権利を得ることができる
  • 本指名は、実際に移籍する選手を選ぶための選挙
  • 本指名
    • 1番目に指名する球団が、最初の1人を指名(指名と同時に移籍が決定)
    • 指名された選手の所属球団が2番目の選手を指名
    • 2番目の球団に指名された選手の所属球団が3番目の選手を指名
    • 以降繰り返し

ポイントとなるのは、指名する順番は人気の高い選手を出した球団からになるというところです

現役ドラフトでは、必ず1選手を獲得し、1選手を放出することになるため、できるだけ早くに指名をしたいところです

しかし、早めに指名をするには、人気の高い選手を現役ドラフト対象の名簿にいれる必要があります

いい選手はだしたくないけど、いい選手をださないと、いい選手が取れない仕組みになっていて、この部分がうまくできている制度です

現役ドラフト対象の名簿には、誰でもいれられるわけではありません

現役ドラフトの対象から外れる選手

  • 複数年契約選手
  • 外国人選手
  • 年俸5,000万円以上の選手
  • 過去にFA行使実績のある選手
  • FA資格を有している選手
  • 育成選手
  • 前年のドラフト会議で指名された選手
  • 前年シーズン終了翌日以降にトレードで獲得した選手

現役ドラフトの目的が、「出場機会に恵まれない中堅選手の活性化」のため、若手や移籍直後、また、既に活躍している選手は対象外となっています

また、現役ドラフトで選ばれた選手は、基本拒否権はありません

2022年現役ドラフトの結果

2022年12月9日に現役ドラフトが実施されました

12月というと、契約更改が行われている時期ですね

プロ野球の年間スケジュールはこちらにまとめてありますので、参考にしてください

プロ野球年間スケジュール
【2024年最新】プロ野球年間スケジュールとオフシーズンの過ごし方

続きを見る

結果はこちらです

指名球団選手名ポジション元所属2022年成績
オリックス渡邉大樹外野手ヤクルト49試合/.125/0本/2打点/2盗塁
ソフトバンク古川侑利投手日ハム34登板/0勝1敗3H/4.08
西武陽川尚将内野手阪神45試合/.294/1本/6打点/0盗塁
楽天正隨優弥外野手広島14試合/.115/1本/4打点/0盗塁
ロッテ大下誠一郎内野手オリックス5試合/.250/0本/0打点/0盗塁
日ハム松岡洸希投手西武1軍出場なし
ヤクルト成田翔投手ロッテ1軍出場なし
DeNA笠原祥太郎投手中日4登板/1勝2敗0H/5.29
阪神大竹耕太郎投手ソフトバンク2登板/0勝2敗0H/6.43
巨人オコエ瑠偉外野手楽天6試合/.200/0本/0打点/1盗塁
広島戸根千明投手巨人9登板/0勝0敗0H/5.02
中日細川成也外野手DeNA18試合/.053/1本/1打点/0盗塁

出場機会があっても、結果を残せなかったり、そもそも1軍で出場できていない選手が対象となっています

現役ドラフトでは2巡目まで、指名をすることができますが、各球団、今年は1巡の指名で終わっています

2023年に現役ドラフト選手は活躍できているのか

2023年に新天地に移った12名の選手は活躍できているのでしょうか?(※2023年前半戦までの記録)

一覧を見ていきましょう

球団選手名2023年成績(前半戦)
オリックス渡邉大樹1軍出場なし
ソフトバンク古川侑利8登板/0勝0敗0H/5.00
西武陽川尚将7試合/.158/1本/1打点/0盗塁
楽天正隨優弥1試合/.000/0本/0打点/0盗塁
ロッテ大下誠一郎19試合/.278/1本/2打点/0盗塁
日ハム松岡洸希1軍出場なし
ヤクルト成田翔3登板/0勝0敗0H/5.40
DeNA笠原祥太郎1登板/0勝1敗0H/9.00
阪神大竹耕太郎10登板/6勝1敗0H/1.13
巨人オコエ瑠偉35試合/.245/2本/6打点/1盗塁
広島戸根千明17登板/1勝0敗4H/3.68
中日細川成也64試合/.319/9本/40打点/0盗塁

明暗がくっきりわかれた状態です

阪神の大竹投手はリーグトップの防御率、リーグ3位の勝利数と、チームの先発の柱として活躍しています

中日の細川選手もリーグ3位の打率、本塁打も既に9本と覚醒しています

大竹投手と細川選手は共に、5月の月間MVPにも選ばれています

まさに、出場機会に恵まれない中堅選手が、球団を変えたことで活躍したケースです

一方、まだ1軍の出場機会がない選手や、1軍で結果を残せない選手もいます

ただ、現役ドラフトによって、中堅選手にとっては活躍をする機会が増えたということで、とてもいい制度なのではないでしょうか

まとめ

今回の記事では、現役ドラフトの仕組みと、実際に目玉選手は活躍できているのかを解説しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • 現役ドラフトとは出場機会に恵まれない中堅選手の活性化を目的にした制度
  • 現役ドラフトでは、必ず1選手を獲得し、1選手を放出し、指名する順番は人気の高い選手をだした球団順
  • 一部の選手は現役ドラフトによって、活躍ができているため、中堅選手の活性化は成功している

今年度はどの選手が現役ドラフトで移籍をするのか、楽しみですね

プロ野球をお得に観るためにこちらの記事もどうぞ

2023プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2023最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら