当ページのリンクには広告が含まれています。

【高級ポテトチップス】プロ野球チップスの値段と内容量の歴史を徹底解説

プロ野球チップスの値段と歴史

この記事で解決できる悩みや疑問

  • プロ野球チップスがいくらで売っているのか知りたい
  • プロ野球チップスの値段の歴史を知りたい

誰もが知っているプロ野球チップス

私はプロ野球チップスが好きで、毎年発売されるのを楽しみにしています

毎年3月末にその年のプロ野球チップスは発売されます

コンビニやスーパーで購入することができるのですが、1袋いくらで売っているか知っていますか?

この記事では、プロ野球チップスの値段と内容量の歴史を紹介します

この記事の内容

  • プロ野球チップスとは
  • プロ野球チップスはいくらで売っているのか
  • プロ野球チップスの値段と内容量の歴史
  • プロ野球チップスの効率の良い買い方

プロ野球チップスとは

プロ野球チップスとは、株式会社カルビーから発売されている、プロ野球選手のカードがついたポテトチップスです

1973年から発売されており、50年間も続くヒット商品です

私が子供の頃はポテトチップス1袋に対して1枚のカードだったのですが、近年は2枚入っています

ここでは例として2023年第二弾カードの紹介をします

プロ野球チップスカードは4つの種類があります

カード種類イメージ説明2023年第二弾枚数箔押しサイン入りカード
レギュラーカード各チームの主力選手5人のカード60枚
チェックリストカード裏面にカード一覧の記載があるカード
表面には今シーズンの印象的なシーンを掲載
4枚
スターカード各チームの人気選手2枚を
キラカードにしたカード
24枚
2023初勝利カード各球団の2023年初勝利の記念カード
裏面にスコアボードと試合展開の説明
表面に象徴的なシーンを掲載
12枚

カードは全部で100枚です

スターカードには、特別な「箔押しサイン入り」というのがあり、選手のサインが印刷されています

このようなカードです。カッコイイですよね

プロ野球チップスは通常年に3回発売されます

発売時期と中身

  • 3月後半:前年度活躍した選手

  • 6月頃:4月に活躍した選手

  • 9月頃:前半戦やオールスターで活躍した選手

基本は年に3回このサイクルで発売されるのですが、2023年はWBCでプロ野球人気がすごかったこともあり、発売時期が特殊になっています

2023年のプロ野球チップス発売時期

  • 第一弾:3月後半

  • 第二弾:8/21と10/9の2回

  • 第三弾:なし

第三弾の発売がないのは驚きですが、予想としては、2024年に「侍ジャパンチップス」が発売されるのではないかと思います

侍ジャパンチップスについては、こちらの記事で詳しく紹介しています

侍ジャパンチップス
【いつ発売?】プロ野球チップス侍ジャパンチップス2023発売日はいつ?

続きを見る

4種類のカードの中で、最も価値があるのはやはり、「箔押しサイン入り」カードです

過去、検証した人のデータでは「箔押しサイン入り」カードがでる確率は15%だそうです

思ったよりも高確率だなと考えたのは、私だけでしょうか?

5袋買えば、10枚入っているので、1枚はサイン入りカードが入っている計算です

地道に購入すれば、いつかはサイン入りカードが当たるはず!

プロ野球チップスはいくらで売っているのか

プロ野球チップスは「コンビニ」「スーパー/ドラックストア」「オンライン」の3つの方法で購入できます

コンビニ

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ

私の感覚だと、フランチャイズのコンビニのほうがたくさん置いてある印象です

スーパー/ドラックストア

  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • マックスバリュ
  • ウエルシア
  • マツモトキヨシ
  • ドンキホーテ等

正確な情報はわからないのですが、過去に取り扱いがあった店舗です
しかし、2024年においては、スーパーやドラックストアではなかなか見かけません

オンラインストア

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahooショッピング

コンビニやスーパーでは1袋ずつ、オンラインでは数袋がまとまったセットで販売されています

プロ野球チップス1袋の値段は、104円です(画像が粗くてすいません)

カルビーのPR広告にもこのような記載があります

【商品概要】
商品名:2023プロ野球チップス
フレーバー:うすしお味
内容量:22g(1袋にカード2枚付き)
価格:オープン(想定価格 税別104円前後
発売日/販売エリア:
2023年3月27日(月)/全国のコンビニエンスストア
2023年4月3日(月)/全国のコンビニエンスストア以外
※実際の発売日は販売店によって異なる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。

私はコンビニで1袋ずつ買うのも好きですが、効率よくカードも集めたいので、ネットでも購入しています

プロ野球チップスの値段と内容量の歴史

プロ野球チップスは1973年に「プロ野球スナック」として誕生しました

そこから世の中の物価に合わせ、何度も内容量や価格が変更になっています

内容量価格(税抜)カード枚数
1973年〜1994年24g30円1枚
1995年〜1996年発売なしJリーグ人気のため1枚
1997年〜2000年24g50円1枚
2001年〜2004年24g60円1枚
2005年〜2006年22g60円1枚
2007年〜2010年22g84円2枚
2011年〜2013年22g90円2枚
2014年〜現在22g100円2枚

価格も上がっていますが、内容量も減っているので、実質的な値上げが続いていると言えるでしょう

今は22gで100円前後です

通常のポテトチップスが60gで140円くらいなので、1gあたりの値段を考えると、プロ野球チップスが4.5円、通常のポテトチップスが2.3円になります

つまり、ポテトチップスだけ見ると、プロ野球チップスは高級ポテトチップスになります

ただ、プロ野球チップスには「野球カードが2枚」ついています

この値段もはいっていることを考えると、妥当な値段だなとも思いますね

プロ野球チップスはカードを集めるのが醍醐味ですからね

プロ野球チップスの効率の良い買い方

効率よくプロ野球チップスのカードを集めたいなら、選択肢は1つです

プロ野球チップススペシャルボックスを購入するのが1番です

通常、チップス1袋に対してカードは2枚ですが、このスペシャルボックスはチップス10袋とカードが80枚ついてきます

1袋に対して8枚カードがついている計算になります

カードを効率よく集めたいという方は、是非購入ください

また、このスペシャルボックスを買った人限定のカードとして、「チーム最多奪三振カード」12枚(第一弾の場合)もついてきます

ただ、このスペシャルボックス、なかなかいいお値段してしまうので、もう少し安く抑えたいという方は、通常のチップスセットを買うのがいいでしょう

24袋入っているので、1日1袋ずつ開けていくのも楽しいですよ

プロ野球カードを収納できる、カードホルダーについては、こちらの記事で紹介しています

プロ野球チップスカードホルダー
【1,000円以下】プロ野球チップスカードホルダーとスリーブ、100均と市販のものを比べてみました

続きを見る

まとめ

今回の記事では、プロ野球チップスの値段と内容量を紹介しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • プロ野球チップス1袋の値段は104円
  • 1973年に販売されてから、ロングセラーの高級チップス
  • 効率よく価値の高いカードをゲットしたいなら、ネットのスペシャルボックス購入がお勧め

あなたも、プロ野球チップスを買って、推しの選手のサイン入りカードをゲットしましょう!!

野球カードを集めてみませんか?

BBMベースボールカードは買いましたか?

初めてBBMカードを買ったら大当たり!

直筆サインカードの当たる確率を紹介していますので、是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら