当ページのリンクには広告が含まれています。

【1年目じゃなくても新人王!?】プロ野球新人王になるための資格や賞金、歴代受賞者を解説。2024年新人王候補も紹介します

プロ野球新人王になるための資格

この記事で解決できる悩みや疑問

  • プロ野球で新人王になるための条件は?
  • プロ野球で新人王になると賞金はいくらもらえるの?

2023年にセ・リーグでは史上初で、村上選手が新人王とMVPを同時受賞しました

しかし、村上選手はプロ3年目の25歳です

3年目なのに新人王受賞の資格があるのと疑問に思いませんか?

そこで、この記事では野球の新人王について詳しく解説していきます!

この記事の内容

  • 新人王とは
  • 新人王を受賞するための資格
  • NPB新人王歴代受賞者一覧
  • NPB2024年新人王候補

この記事を読むと、野球の新人王について詳しくなれます

では、解説していきます

新人王とは

新人王とは最優秀新人が正式名称で、その年の最も優秀な新人選手に与えられる賞のことです

全国の新聞や報道機関に所属している記者の中で、5年以上プロ野球を担当している人の投票によって、選出されます

もちろん、その年にプロ野球の記者を担当している人が該当で、セ・リーグの担当記者にはパ・リーグの投票権はありませんし、その逆も同じです

そのため、毎年投票数は変動しますが、大体200~300人が投票することが多いです

2023年はセ・リーグ306票、パ・リーグ267票でした

記者は相応しいと思う選手がいなければ、「該当者なし」と投票することも可能で、「該当者なし」が最も多い場合、または、1位の得票率が26%に達していない場合には、その年の新人王は「該当者なし」となります

過去、10回ほど「該当者なし」のこともありました

新人王の発表は毎年、日本シリーズが終わった後の11月末にNPB AWARDSの中で行われます

プロ野球の年間スケジュールはこちらの記事で紹介しています

プロ野球年間スケジュール
【2024年最新】プロ野球年間スケジュールとオフシーズンの過ごし方

続きを見る

過去に、NPBとは別に佐川急便による「ゴールデン・ルーキー賞」というものが行われていた時期もありました

2005年から始まり、2013年まで行われていましたが、現在は終了しています

新人王受賞者には賞金として100万円が贈呈されます

MVP(最優秀選手)は300万円ですので、2023年の阪神村上選手は400万円のボーナスをもらったことになりますね

新人王を受賞するための資格

新人王を受賞するには、一定の資格が必要です

新人王を受賞するための資格

新人王受賞の資格

  • 海外のプロ野球リーグへの参加経験がない
  • 初めて支配下選手登録されてから5年以内
  • 打者として、前年までの一軍公式戦での打席が60打席以内
  • 投手として、前年までの一軍公式戦での投球回が30イニング以内

初めて支配下選手登録されてから5年以内であれば、新人王の候補になることができます

そのため、2023年の阪神の村上選手も新人王を取ることができたのですね(村上選手は1,2年目の2年間で1軍登板はわずか2試合でした)

注目は、「海外のプロ野球リーグへの参加経験がない」という条件です

助っ人外国人のように、海外のプロ野球リーグでプレーをしており、各球団に新人として入団した場合には、新人王の資格はありません

ただし、海外のプロ野球リーグを経験していたとしても、ドラフトで入団した場合には特例で新人王の資格が与えられます

例えば、2022年にドラフト3位でメジャーリーグから日本ハムに入団した加藤豪将選手

高校卒業後、メジャーリーグのドラフト会議で指名され、マイナーリーグで活躍後、メジャー昇格を果たしています

2022年に行われたNPBのドラフト会議で3位指名されると、史上2人目の「MLBからNPBにドラフトで入団した選手」となります(1人目は多田野数人選手)

加藤豪将選手は、MLBの経験が長いですが、ドラフトで入団したということから、新人王の資格を有する選手になりました

NPB新人王歴代受賞者一覧

NPBの直近10年間の歴代新人王をみていきましょう

達成者セ・リーグパ・リーグ
2014大瀬良大地(広島)石川歩(ロッテ)
2015山﨑康晃(DeNA)有原航平(日ハム)
2016髙山俊(阪神)高梨裕稔(日ハム)
2017京田陽太(中日)源田壮亮(西武)
2018東克樹(DeNA)田中和基(楽天)
2019村上宗隆(ヤクルト)高橋玲(ソフトバンク)
2020森下暢仁(広島)平良海馬(西武)
2021栗林良吏(広島)宮城大弥(オリックス)
2022大勢(巨人)水上由伸(西武)
2023村上頌樹(阪神)山下舜平大(オリックス)

12球団からバランス良く、優秀な新人がでてきていることがわかります

近年では、広島、オリックス、西武が優秀ですね

NPB2024年新人王候補

ここからは、2024年の新人王候補を紹介していきます

1.西舘勇陽選手(巨人)

2024年巨人の即戦力として1位指名された西舘選手

菊池雄星選手や大谷翔平を育んだ、花巻東高等学校の出身で、同校では「新怪物候補」と言われています

巨人は2023年、先発の数が揃わず非常に苦しみました

そういった意味でも、2024年に西舘選手は開幕後からローテーション入りできる可能性が高いです

独特のクイック投法はプロでもあまりいないため、打者が初対戦時に打つことは難しいでしょう

セリーグの新人王候補最有力だと思います

2.金村尚真選手(日ハム)

私がパ・リーグで新人王を取るのではと思っているのは、金村選手です

2022年にドラフト2位で日ハムに入団すると、1年目の2023年の4月9日にはプロ初勝利を挙げます

右肩の故障もあり、1年目は2勝1敗という結果でしたが、防御率は1.80、最速151kmのストレートや多彩な球種を扱うコントロールは1軍で通用することを証明しました

1年目は球団が30イニング到達で新人王資格が消滅することも配慮し、最後は2軍で調整をしていました

2年目の2024年は全力でローテーションを狙いに来ると思いますし、ローテーション入りできると思います

新人王の最有力候補です

3.武内夏暉選手(西武)

2023年のドラフトでヤクルト、ソフトバンク、西武の3球団の競合の末、西武への入団が決まった武内選手

即戦力投手として、呼び声が高いです

185cm90kgの大型左腕で、4年生秋のリーグ戦では、55.2イニングで、奪三振43、防御率0.97という圧倒的な数値を残し、ベストナインと最優秀防御率を獲得しています

150kmを超えるストレートはもちろん魅力ですが、コントロールがとても良いので、プロでもすぐに通用すると思われます

西武のローテーションの一角を担い、新人王を獲る可能性は高い選手です

まとめ

今回の記事では、野球の新人王について解説しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • 新人王は全国の新聞や報道機関に所属している記者の中で、5年以上プロ野球を担当している人の投票によって、選出される
  • 新人王受賞者には賞金として100万円が贈呈される
  • 新人王を受賞する資格は、「初めて支配下選手登録されてから5年以内」「打者として、前年までの一軍公式戦での打席が60打席以内」「投手として、前年までの一軍公式戦での投球回が30イニング以内」

これから、どんな選手が新人王を獲得するか、楽しみですね!

プロ野球をお得に観るためにこちらの記事もどうぞ

2023プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2023最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら