当ページのリンクには広告が含まれています。

【完全試合達成者は何人?】完全試合は難しい?複数回達成者はいる?プロ野球完全試合達成者一覧!

プロ野球完全試合達成者

この記事で解決できる悩みや疑問

  • プロ野球完全試合達成者は何人?
  • プロ野球で完全試合になる確率は?

2022年に佐々木朗希選手がNPB史上最年少で完全試合を達成しました

佐々木朗希選手の完全試合は、26年ぶりだったので話題になりました

完全試合を達成するのは、かなり難しいことがわかります

そこで、この記事では野球の完全試合について詳しく解説していきます!

この記事の内容

  • 完全試合とは
  • 完全試合の確率は?
  • MLB完全試合達成者一覧
  • NPB完全試合達成者一覧
  • 印象的な完全試合のエピソード

この記事を読むと、野球の完全試合について詳しくなれます

では、解説していきます

完全試合とは

完全試合とは1人の投手が1人のランナーも出さずに勝利することです

9イニング27人の打者を全て凡退させて、勝利することが必要です

ノーヒットノーランとの違いは、四死球やエラーなども許されないことです

完全試合のまま延長線に入った場合には、試合に勝つまで1人のランナーも出さずに勝利することが条件です

9回を完全試合で投げ、10回に四球をだした場合には完全試合とはなりません

また、延長タイブレーク(ノーアウト1,2塁から攻撃が始まる)に突入した場合には、完全試合は認められません

引き分けで試合が終わった時や、チームが負けた時にも公式の記録にはならず、参考試合になります

あくまで、1人の投手が1人のランナーも出さずに試合に勝つことが必要です

ヒットを1本打たれたけれど、それ以外は四死球もエラーもなく、1人の投手で試合に勝った場合には準完全試合と呼ばれます

また、複数人の投手で完全試合を達成すると、完全試合リレーと呼ばれることもあります

完全試合の確率は?

達成するのがかなり難しい、完全試合ですが、達成できる確率はどれくらいなのでしょうか?

2つの求め方で考えてみます

1.確率論で計算した場合

完全試合は27人を連続で出塁させないことが必要です

そのため、プロ野球の選手が出塁しない割合が27人連続で起こる確率をだすことになります

プロ野球の平均出塁率は大体.330です。出塁しない割合は.670ということになります

0.67(1人目)×0.67(2人目)×0.67(3人目)・・・・・×0.67(27人目)が完全試合の確率になります

計算すると、完全試合を達成する確率は0.002014%になりました

100➗0.002014%=49652なので、49652試合に1回完全試合が起こる計算となります

プロ野球は143試合×12球団➗2チームで対戦なので、年間858試合行われています

確率では、49652試合➗858試合=57年に1回完全試合が起こることになります

2.実績から計算した場合

プロ野球では73年で16人の完全試合達成者が誕生しています

今までの総試合数は、73年×858試合=62,634試合になります

その中で16試合だけが完全試合なので、16試合➗62,634試合が完全試合の確率になります

16試合➗62,634試合=0.025%という結果になりました

確率論で計算した時より、高い確率で完全試合は達成されているのですね

どちらにしろ、完全試合が出現する可能性はかなり低いことがわかります

MLB完全試合達成者一覧

MLB完全試合達成者一覧です

MLBでも過去、完全試合を達成したのは24人しかいません

達成者スコア
リー・リッチモンド1880年1-0
モンテ・ウォード1880年5-0
サイ・ヤング1904年3-0
アディ・ジョス1908年1-0
チャーリー・ロバートソン1922年2-0
ドン・ラーセン1956年2-0
ジム・バニング1964年6-0
サンディー・コーファックス1965年1-0
キャットフィッシュ・ハンター1968年4-0
レン・バーカー1981年3-0
マイク・ウィット1984年1-0
トム・ブラウニング1988年3-0
デニス・マルティネス1991年3-0
ケニー・ロジャース1994年4-0
デビッド・ウェルズ1998年4-0
デビッド・コーン1999年6-0
ランディ・ジョンソン2004年2-0
マーク・バーリー2009年5-0
ダラス・ブレイデン2010年4-0
ロイ・ハラデイ2010年1-0
フィリップ・ハンバー2012年4-0
マット・ケイン2012年10-0
フェリックス・ヘルナンデス2012年1-0
ドミンゴ・ヘルマン2023年11-0

2023年に11年ぶりにヤンキースのドミンゴ・ヘルマンが完全試合を達成しました

ドミニカ共和国出身選手でも初の完全試合達成でした

NPB完全試合達成者一覧

NPB完全試合達成者は16人です

達成者スコア
藤本英雄1950年4-0
武智文雄1955年1-0
宮地惟友1956年6-0
金田正一1957年1-0
西村貞朗1958年1-0
島田源太郎1960年1-0
森滝義巳1961年1-0
佐々木吉郎1966年1-0
田中勉1966年2-0
外木場義郎1968年2-0
佐々木宏一郎1970年3-0
高橋善正1971年4-0
八木沢荘六1973年1-0
今井雄太郎1978年5-0
槙原寛己1994年6-0
佐々木朗希2022年6-0

1980年以降は槙原選手と佐々木選手の2名しか達成者がいません

佐々木朗希選手の完全試合が、21世紀初で、なおかつNPB史上最年少記録(20歳5ヶ月)というのが、どれだけすごいかがわかりますね

印象的な完全試合のエピソード

ここからは、完全試合の印象的なエピソードを紹介していきます

1.槙原寛己投手

槙原投手の完全試合は16年ぶりで、平成唯一の完全試合となりました

この試合は巨人の球団創設以来通算7000試合目のメモリアルな日でもありました

有名なエピソードとして、試合の前々日に中洲へ飲みに行ったところ、コーチに見つかってしまい、外出禁止になってしまった槙原投手

この試合は、外出禁止解除を賭けて挑んでいたそうです

序盤はストレート主体で、後半から変化球を織り交ぜる102球の見事な完全試合でした

2.佐々木朗希選手

佐々木投手はこの試合で、「完全試合」「連続13者連続奪三振」「1試合19奪三振」の3つの記録を作りました

特に連続13者連続奪三振は、これまでの日本記録が9者連続奪三振だったのを、大幅に塗り替えました

ほぼ、ストレートとフォークのみで105球のピッチングでした

この記録だけでも圧巻なのですが、さらに驚きは中6日で登板した次の試合

なんと、8回まで14奪三振を奪いパーフェクト、前人未到の2試合連続完全試合の期待がかかります

しかし、打線が無得点だったことや、佐々木投手もかなり疲労があったため、8回を投げ切ったところで、完全試合継続中で降板をすることになりました

結果、延長線で試合は敗北していますが、あのまま投げ続けていたらどうなっただろうと思いますよね

3.西口文也選手

西口投手は完全試合を達成したことはありません

ただ、過去に9回をパーフェクトに抑えたのですが、味方の援護がなく、延長線に突入し、10回28人目の打者にヒットを打たれ、完全試合を逃したことがあります

西口選手はこれ以外にも28人目の打者にヒットを打たれ、ノーヒットノーランを逃す経験が、なんと2回もあります

残りアウト1つの場面までいき、完全試合やノーヒットノーランを逃してしまう、数奇な運命にありました

まとめ

今回の記事では、野球の完全試合について解説しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • 完全試合とは1人の投手が1人のランナーも出さずに勝利すること
  • 完全試合の達成確率は統計的には0.002014%、実際は0.025%
  • 佐々木朗希選手は完全試合を達成した次の登板でも、8回までパーフェクトピッチングを披露した

これから、どんな選手が完全試合を達成するか、楽しみですね!

プロ野球をお得に観るためにこちらの記事もどうぞ

2023プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2023最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら