当ページのリンクには広告が含まれています。

【アンダーアーマースパイクレビュー】クッション性に優れた野球トレーニングシューズ、エクストリーム2.0TRを実際に使った評価をお伝えします!

こんにちは、草野球歴20年以上のほくとです

今日はアンダーアーマーが新発売する野球トレーニングシューズ、エクストリーム2.0TRをレビューします

私、アンダーアーマーの野球グッズは、ヒートギア(インナー)を愛用していますが、トレーニングシューズは履いたことがありませんでした

アンダーシャツヒートギア
【アンダーシャツヒートギアレビュー】夏の野球のアンダーシャツはアンダーアーマーのヒートギアで決定です!

続きを見る

今回、実際に履いて2時間野球の練習をしてみた感想は「クッション性が非常に高く、足が軽く感じる靴」でした!

では、こちらのトレーニングシューズをレビューしていきます

この記事はメーカー様より商品提供をしていただき作成していますが、レビュー内容は実際に使用した私の率直な感想を書いています

この記事の内容

  • アンダーアーマーエクストリーム2.0TRの概要
  • アンダーアーマーエクストリーム2.0TRのレビュー
  • アンダーアーマーエクストリーム2.0TRはこんな人におすすめ

アンダーアーマーエクストリーム2.0TRの概要

「エクストリーム2.0TR」は、アンダーアーマーの野球トレーニングシューズです

エクストリーム2.0TRは、前作のエクストリームトレーナーワイドが進化した製品です

製品名アンダーアーマーエクストリーム2.0TR
素材(甲の部分)人口皮革
素材(底の部分)ゴム
カラー4種類:Black_Black/White_White/White_Red/White_MidnightNavy
サイズ24.5〜30.0
重量310g/片足

表面はこのような落ち着いた模様になっており、写真だとツルツルしてそうですが、触ると柔らかくもっちりとした質感があります

前面は、側面よりもちょっとツルツルしています

つま先は底のソールが甲の部分を覆うようになっています。壊れやすい部分なのでこのようなひと手間は嬉しいですね

ソールは分厚く、かなり柔らかいです。1番分厚いところで3cmほどの厚さがあります

このソールはつま先から踵までしっかりとあるので、足全体を支えてくれます

そして、エクストリーム2.0TRの最大の特徴と感じたのが、インソールです。この緑のインソールのクッション性が凄い!歩いていても、クッション性が高いので「フワフワしているような感覚」さえも感じました

重量は片足で310gなので、最近のトレーニングシューズでは平均レベルかなと思います

ストラップは3本で、マジックテープで止めるタイプです。触るとチクチクする「フック」部分の面積もちゃんとあり、しっかり固定できます

エクストリームトレーナーワイドとの比較

アンダーアーマーの前作のトレーニングシューズである「エクストリームトレーナーワイド」との比較は以下のとおりです

製品名エクストリームトレーナーワイドエクストリーム2.0TR
素材(甲の部分)人口皮革人口皮革
素材(底の部分)ゴムゴム
カラー4種類:Black_Black/White_White
/White_Red/White_MidnightNavy
4種類:Black_Black/White_White
/White_Red/White_MidnightNavy
サイズ24.5〜30.024.5〜30.0
重量310g/片足310g/片足
価格8,580円7,800円
発売日2022年2024年2月

えー、価格と発売日以外に違いはありません(基本スペックはほとんど変わりません)

エクストリーム2.0TRの進化した一番のポイントはアウトソール(靴の裏側)です

このように、エクストリーム2.0TRは、アウトソールのブロック1つ1つの隆起が増え、よりグリップ力の高いモデルに改良されています

抜群のクッション性はそのままに、グリップ力が進化したモデルと言えるでしょう

アンダーアーマーエクストリーム2.0TRのレビュー

「アンダーアーマーエクストリーム2.0TR」を実際に草野球の練習で使ってみて感じた、このシューズの特徴を3つ紹介していきます

アンダーアーマーエクストリーム2.0TRの3つの特徴

  1. グリップ力のあるアウトソール
  2. ちょうどよく足を固定してくれるストラップ
  3. 通気性高く邪魔をしないベロ(シュータン)

1.グリップ力のあるアウトソール

「アンダーアーマーエクストリーム2.0TR」はトレーニングシューズにしてはグリップ力のあるシューズです

その秘密は、アウトソールにあります

この104の小さいブロックが足を支えてくれます(数えましたw)

前側には70のブロックがあり、満遍なく足を支えられるように配置がされています

凄いと思ったのは、つま先の部分です。ここにも高さの異なるブロックがちゃんと散りばめられています。アウトソールのどの部分が地面と触れても、グリップ力を発揮できるようになっているんですね

後ろ側には34のブロックです。等間隔で満遍なくブロックがあるので、足全体をしっかり支えます

アウトソールにびっちり配置されたブロックで、グリップ力を実現しています

2.ちょうどよく足を固定してくれるストラップ

「アンダーアーマーエクストリーム2.0TR」はフィット感の良いトレーニングシューズです

3本のストラップが、本人にとってちょうど良い締め付けを実現してくれます

私は、1番下のベルトをキツめに、真ん中のベルトは緩めに履くとちょうど良かったです

個々人の感覚によって、どのようにベルトを絞めるのかを調整できるのも、このシューズの特徴です

3.通気性高く履くのを邪魔しないベロ(シュータン)

「アンダーアーマーエクストリーム2.0TR」は簡単に履きやすいトレーニングシューズです

意外と軽視されがちなベロですが、ベロが邪魔をして履きにくいシューズはよくあります

よくあるのが、ベロが軽すぎて履く際に、ベロが靴の中に潜ってしまうパターンです

このトレーニングシューズはベロが潜ってしまうことはなく、履く時に全く邪魔になりませんでした

かといって、ベロが重いかというとそうではなく、むしろ軽い素材で作られています

また、ベロ部分がメッシュになっているため通気性がよく、夏場に使っても靴の中が蒸れにくいんだろうなと感じました

アンダーアーマーエクストリーム2.0TRはこんな人におすすめ

アンダーアーマーエクストリーム2.0TR「クッション性が高く、かつグリップ力のあるトレーニングシューズ」を探している人にオススメです

ソールのクッション性が抜群なので、足にかかる疲労を軽減し、練習で疲れにくいという効果があります

一方で、あまりクッション性が好きでない人にはお勧めできません

もっとクッション性の低いトレーニングシューズを選びましょう

まとめ

今回の記事では、アンダーアーマーエクストリーム2.0TRを紹介しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • フワフワしている感覚があるくらい、ソールのクッション性が抜群
  • アンダーアーマーの前作エクストリームトレーナーワイドとの違いはアウトソールのブロック1つ1つの隆起が増え、よりグリップ力が増したこと
  • クッション性が高く、かつグリップ力のあるトレーニングシューズ」を探している人にオススメ

アンダーアーマーエクストリーム2.0TRを是非、ご検討ください

スパイクについての他の記事もどうぞ

2023プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2023最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら