当ページのリンクには広告が含まれています。

【コツ】軟式ボールの特徴と軟式ボールを遠くに飛ばすためのコツを紹介!

軟式ボールを飛ばす方法

この記事で解決できる悩みや疑問

  • 軟式ボールの特徴を知りたい
  • なぜ、軟式ボールはハートマークになったのかを知りたい
  • 軟式ボールの飛ばし方のコツを知りたい

軟式ボールと硬式ボールではボールの飛ばし方が違うと聞きますが、何が違うかよくわからないですよね・・・

そこで、軟式ボールの飛ばし方について調べてみました

この記事では調べてわかった、軟式ボールの特徴とボールの飛ばし方を解説していきます!

この記事の内容

  • ボールの種類
  • 軟式ボールの特徴
  • 軟式ボールの打ち方
  • 軟式ボールをどこで買うか

この記事を読むと、軟式ボールをどうやって飛ばしたら良いかを理解することができます

ボールの種類

まずはボールの種類について紹介します。野球のボールは大きく3つに分けられます

  • 硬式球
    プロ野球で使われているボール
    芯に糸を巻きつけ、牛革で覆って縫い合わせてつくる
  • 準硬式球(H号)
    準硬式野球で使われているボール
    中身は硬式球と同じで外側を革ではなくゴムで覆っている
  • 軟式球(M号/J号)
    軟式野球や草野球、少年野球で使われているボール
    中身が空洞で外側をゴムで覆っている

草野球で使われているのは❸軟式球になります

軟式球の特徴

軟式球は現在、M号とJ号に区別されています

M号とJ号では大きさや重さ、反発力が違っており、M号が中学生〜一般、J号が小学生が使うボールとなっています

昔から野球をやっていた人はA号B号C号はどこにいったのかと思いませんか?

軟式ボールは2018年に大きな変更があり、A号B号→M号、C号→J号に変更されました

2018年の変更は軟式野球から、硬式野球への移行をよりスムーズにするために行われました

そのためM号は、それまでのAB号よりも硬式球に近づいたものになったのです

具体的にはボールが硬くなり、弾みが少なくなりました

また、ボールのデザインがハート型になりました

これはただのデザイン変更ではなく、ボールが硬くなったことで飛距離が減る分を、表面積で補うためでした

軟式球の打ち方

より硬式球に近づいた軟式球ですが、飛ばすにはポイントがあります

軟式球は中が空洞です。そのため、芯でとらえると下のイラストのようにボールがへこみます

ボールがへこむとボールの反発力がなくなり、遠くに飛ばなくなります

軟式ボールを遠くに飛ばすためのコツは、ボールを潰さずに打つことです

ボールを潰さないで打つにはどうしたらいいでしょうか?

最も手っ取り早い方法は、ボールを潰さないバットを使うことです

道具に頼るのか!という意見がありそうですが、一番簡単で最も効果の高い方法です

ボールを潰さないバット(ビヨンドマックス)の紹介は別記事でしていますので、参考にしてください

【決定版】歴代ビヨンドマックス比較_あなたに合うビヨンド見つかります!

続きを見る

軟式ボールを遠くに飛ばす方法として、打ち方を工夫するという手もあります

こちらの動画を見てください

ボールを遠くに飛ばすには「インパクト後にヘッドアップをしない。つまり、インパクト後のフォロースルーを上にあげすぎないことが大切になります

ただ、実際、この打ち方は、なかなか習得するのは難しいです。私も試してみましたが、できませんでした・・

やはり、ボールを遠くを飛ばすには、ボールを潰さないバットを使うのが一番早いでしょう

軟式球をどこで買うか

軟式球はスポーツショップがネットで購入しましょう

時期によって変わるのですが、M号球で5300円〜6000円くらいが相場です

また、ほとんどの場合、ネットで購入したほうが安いです

時期によっても価格が変動しますので、その時に最も安いショップで買うのがおすすめです

今、1番安いショップを紹介しているのが、こちらの記事です

軟式ボール1ダース
【激安!】軟式ボール(M号/J号)1ダースの値段が最も安いショップを紹介!

続きを見る

是非、ご覧ください

まとめ

今回の記事では、軟式ボールの特徴とボールの飛ばし方について解説しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • ボールには硬式/準硬式/軟式球がある
  • 軟式球は2018年により硬式球に近づき、ボールが硬くなったことで「弾みが少なく」なったが、ハートマークデザインにより飛距離は変わっていない
  • 軟式ボールを遠くに飛ばすには低反発バットを使うのが最も簡単

軟式ボールの特徴を知って、ホームランを狙いましょう!

バッティングに役立つこちらの記事もどうぞ

スパイクとボールについての記事もどうぞ

2023プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2023最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら