当ページのリンクには広告が含まれています。

【解決】かっこいい草野球ユニフォームの作り方を紹介

草野球 ユニフォーム かっこいい

この記事で解決できる悩みや疑問

  • 草野球ユニフォームの作り方を知りたい
  • 草野球ユニフォームを作るために、何を決めたらいいの?

私、20年前に草野球を始めて、その時にユニフォームを作りました

毎年新しい選手が入団する際に、ユニフォームを発注するのですが、20年前と違い今はユニフォームの選択肢が多様です

そこで、この記事では草野球ユニフォームを作るために、決めるべきことや作り方を解説していきます!

この記事の内容

  • ユニフォームを作るときに決めるべき3つの観点
  • 発注先を決める

この記事を読むと、草野球チームのユニフォームを作る手順がわかりま

では、解説していきます

ユニフォームを作るときに決めるべき3つの観点

草野球のユニフォーム、カッコいいものにしたいですよね

ただ、かっこよさは人によって異なります

メンバー全員が納得するために、話し合いが必要です

話し合う観点は3つです

  • ユニフォームの種類
  • デザインイメージ
  • パンツの種類

それぞれ見ていきましょう

1.ユニフォームの種類

まずは種類を決めましょう

昔のユニフォームは種類はなく、刺繍一択でした(私のユニフォームも刺繍です)

ただ、今は刺繍ユニフォームと昇華ユニフォームの2種類から選ぶのが一般的です

刺繍と昇華の違い

刺繍ユニフォーム

胸や肩のデザインが刺繍でできており、根強い人気がある王道ユニフォーム

昇華ユニフォーム

1枚の布にデザインをプリントしたもので、近年急速に広まっている

画像はこちらのサイトより(http://hades-uniform.jp/

刺繍ユニフォームと昇華ユニフォームにはそれぞれメリット/デメリットがあります

まずはメリデメを理解して、どちらを選ぶか決めましょう

刺繍ユニフォーム

  • メリット:立体感や重厚感があり、近くで見ても豪華な感じがする
  • デメリット:値段が高く、デザインに自由が利かない

昇華ユニフォーム

  • メリット:どんなデザインでも可能、値段が安い
  • デメリット:ペラペラで安っぽい

2.デザインイメージ

ユニフォームの種類が決まったら、次は大まかなデザインイメージを決めましょう

デザインイメージの決め方は簡単です

プロ野球チームやMLBのユニフォームを見て、最もイメージの近いものを探せばいいのです

なぜなら、ほとんどのユニフォームデザインはプロのユニフォームが土台だからです

縞模様はいれるか、色はどうするか、デザインは変えるかなど

チームで譲れないポイントを話し合って明確にしてみてください

参考までに2022年のセ・パリーグのユニフォームがまとまっているページのリンクです
セリーグ
パリーグ

3.パンツの種類

野球のパンツは5種類に分けられます

画像はミズノのカタログサイトより
  • ショートスタイル
    ストッキングを最も見せるタイプ。俊足の選手が着用しているイメージ
  • レギュラースタイル
    オーソドックスなスタイル
  • ロングスタイル
    くるぶしまで丈があるタイプ
  • ストレートスタイル
    踵まで丈があるタイプ。プロ野球で最近よく見かけます
  • 足掛け式ストレートスタイル(フレアスタイル)
    膝下まではストレートでそこから徐々に広がっていくタイプ

プレーには大きな影響がないため、どのスタイルが好みか、話し合って決めましょう

発注先を決める

ユニフォームの種類、デザインイメージ、パンツの種類が決まったら発注先を決めましょう

発注先はオンラインか店頭の2択です(当たり前)

インターネットで検索すると、多くのユニフォーム発注業者がでてきます

その中から良さそうなところを選び、注文するのが一般的です

店頭で買う良さは、チームの贔屓の店ができることです

ユニフォーム発注をきっかけに店員と仲良くなり、他の道具の相談や野球談義をすることができます

私もいつも決まった店で買っています

どこで発注するかも、チームで話し合いましょう

まとめ

今回の記事では、草野球のユニフォームを作るために決めるべきことや発注の仕方を解説しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • ユニフォームのかっこよさは人により異なるので、チームで話し合う
  • 話し合う観点は「ユニフォームの種類」「デザインイメージ」「パンツの種類」の3つ
  • 観点が決まったら、オンラインか店頭で発注する

ユニフォームを作って、野球を楽しみましょう!

スパイクとボールについての記事もどうぞ

バッティングに役立つこちらの記事もどうぞ

2023プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2023最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら