当ページのリンクには広告が含まれています。

【道具も紹介】野球のシャトル打ち練習のやり方、メリットデメリット含めた効果を説明します!

野球シャトル打ち

この記事で解決できる悩みや疑問

  • シャトル打ちって効果あるの?
  • シャトル打ちで意識するポイントを知りたい

バッティング練習、素振りだけだと飽きてきますよね。そこで、2人以上いる時にはシャトル打ちをよくやっています

シャトル打ちは、素振りの延長線上ででき、ミート力が格段に上がる練習です

そこで、この記事ではシャトル打ちのやり方や効果を解説していきます!

この記事の内容

  • シャトル打ちのやり方
  • シャトル打ちのメリット/デメリット
  • シャトル打ちに使える道具

この記事を読むと、シャトル打ちのやり方がわかり、打撃力向上が期待できます

では、解説していきます

シャトル打ちのやり方

シャトル打ちのやり方はとても簡単です

2人1組になり、1人がシャトルを投げます

もう一人がシャトルを打ちます

以上です

簡単すぎて踊っちゃいますが、ただ打っているだけでは、効果が半減です

意識するポイントは2つあります

ポイント

  1. シャトルの先端に集中する
  2. バットの芯で打つ

実際にやってみるとわかるのですが、シャトルは揺れます

揺れるシャトルの先端に集中することで、最後までボールを見る練習になります

もう一つは、バットの芯で打つ意識をすることです

シャトルは芯にあたるかどうかで、距離が大きく変わります

芯で打つ意識をもつことで、ミート率を向上させる練習になります

シャトル打ちの際は、この2つを意識して練習をしましょう

ピッチャーはスタンダードに、前から投げても良いですし

トスバッティングのように、横から投げても良いでしょう

シャトル打ちのメリット/デメリット

シャトル打ちには2つのメリットがあります

  1. 練習効率のメリット
  2. バッティング技術向上のメリット

1.練習効率のメリット


バッティング練習で一番大変なのは、ボール拾いです

ファールを打つと、とんでもないところまで、ボールを拾いにいく必要があります

その点、シャトルはあまり飛びません

自宅の庭や小さい公園で練習することができます

拾い集めるのも簡単なので、バッティング練習にたっぷり時間を割けます

2.バッティング技術のメリット

技術的な向上は先ほど紹介した、「最後までボールを見る」「ミート率向上」の2点があげられます

また、シャトル打ちだと詰まっても手に衝撃がこないので、詰まることを恐れず、思い切りのいいスイングをすることができるメリットもあります

ミートの上手い、ヤクルトの青木選手や元ダイエーの井口選手が、小さい時にシャトル練習をやっていたことは有名です

シャトル打ちのデメリット

シャトル打ちに、デメリットはあまりありません

ただ、シャトルは野球のボールと違い、ゆっくりと来るため、意識をしないと打つポイントが前になりがちです

体を開いたまま打ってしまうことになってしまいます

そのため、ボールを呼び込み体の開きを抑えて、打つことを心がけるようにしましょう

シャトル打ちに使える道具

最近は、野球練習用のシャトルが売りにだされていますので、紹介します

まず、最初にお薦めなのはこちらのシャトルです

お勧めする理由は、私が使っているからですww

選んだ理由はとにかく安い!のと、48個というのが1周の練習にちょうどいいからです

試しに、シャトル練習をやってみようかなという方は、まずこちらを購入ください

次にお薦めなのはこちらです

こちらは、なんと暗闇でも練習できる優れものです

夜間の公園などで、練習できますね

シャトルが約50時間連続点灯するため、暗い中で長時間の練習が可能です

最後にお薦めするのはこちらです

私、一度使ったことがあり、とても良かったです(ただ、値段が・・)

シャトルをセットすると、自動で投げてきてくれるため、1人でもバッティング練習が可能になります

まとめ

今回の記事では、野球のシャトル打ちを解説しました

最後にポイントをまとめます

ポイント

  • シャトル打ちの時は、「シャトルの先端に集中する」「バットの芯で打つことを意識する」がポイント
  • 練習効率が良くなる、バッティング技術向上する、2つのメリットがある
  • 「最後までボールを見る」「ミート率アップ」「思い切りフルスイングできる」という面で技術の向上ができる

シャトル練習をして、打撃力アップを目指しましょう!

バッティングに役立つこちらの記事もどうぞ

2023プロ野球カード集めませんか?

久しぶりにプロ野球チップスを買ってみませんか?

2023最も価値の高いプロ野球カードを紹介しております。是非ご覧ください

  • この記事を書いた人

ほくと

小学生から野球を始め、野球歴30年、阪神タイガースファン歴も30年。大学時代は4年間バッティングセンター勤務。草野球チーム運営歴は20年になります。野球はやるのも観るのも大好き。野球を「やる人」も「観る人」も、今よりもっと野球を楽しめるようになる情報を発信していきます。野球グッツのレビュー依頼や質問は、お気軽にお問い合わせフォームまでどうぞ。詳しいプロフィールはこちら